乾燥肌・敏感肌・インナードライで選びたい目元化粧品

乾燥肌で選びたい目元化粧品

乾燥肌の方は目元のトラブルを抱えがちです。

 

もともと皮膚が薄く乾燥しやすい目元は乾燥のトラブルがもっとも見られやすい部分でもあり、早め早めの対策を心がけておかないとくすみやたるみ、小じわといったさまざまなトラブルに次々と見舞われてしまうようなことにもなりかねません。

老化により減少した保湿成分がどれだけ補えるのか

乾燥肌と目元ケア化粧品

そんな乾燥肌の人の目元ケア化粧品選びのポイントはやはり保湿効果がどれだけ備わっているかにあります。

 

とくに30代以上の方は老化による保湿成分の減少が進行しているためそれをしっかり補えるかどうかが重要になってきます。

 

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分をしっかり補える目元ケア化粧品を選んでいきましょう。

 

注意したいのは浸透性です。皮膚は乾燥すると固くなり、毛穴の柔軟性も失われてしまうこともあって有効成分が十分に浸透しにくくなっています。

 

そのためせっかく有効成分を補っても十分に浸透せず、効果が得られない恐れも出てくるのです。

 

その点をカバーするためにもできるだけ浸透性に優れた化粧品を選びましょう。有効成分をナノ化の技術によって分子量を小さくしたタイプや、極小のカプセルに封じ込めたタイプなどが売られています。

 

とくに目元専用の美容液ではこうした点を重視して処方にこだわっているものが多く、それぞれのメーカー、製品のセールスポイントを確認しておくとよいでしょう。

補った有効成分が失われにくい肌環境に整える

乾燥肌と目元ケア化粧品

もうひとつ、水分やせっかく補った有効成分が失われないよう肌環境を整えることも大事な点です。

 

乾燥肌の方は水分を溜め込む機能そのものが低下しており、そのままだと水分がどんどん蒸発して失われてしまいます。

 

アイクリームなどで油分を補い、浸透させた有効成分をしっかり留める工夫を行いましょう。

 

目元美容液とアイクリームをうまく使い分けるなどの工夫もしたいところです。

 

乾燥肌対策には保湿成分を補いつつ、それが失われないよう心がける。

 

この2つの柱を踏まえたうえで化粧品を選べば肌環境を改善し、小じわなどのトラブルの予防・改善にも役立てることができるはずです。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

 

敏感肌で選びたい目元化粧品

敏感肌の人は目元ケア化粧品をどう選ぶのか、まず過度な刺激を与えて肌環境をますます悪化させないことを大前提に比較検討を行っていくのが大前提です。

目元は皮膚が薄く、ただでさえ敏感な状態になっている

敏感肌と目元ケア化粧品

目元はもともと皮膚が薄く敏感な状態ですから、敏感肌だとちょっとした刺激にも過剰に反応してしまいます。

 

とくに注意が必要なのがしみとくすみ

 

刺激に対してメラニン色素の生成量が増加し、沈着を起こすことでシミやくすみができやすい状態になってしまうからです。

 

目元美容液やアイクリームなど目元ケア専用の化粧品を選ぶのはもちろん、その中でも敏感肌用に開発されたものなど、低刺激をセールスポイントに掲げているものを選ぶよう意識しましょう。

敏感肌の原因であるバリア機能の改善から始める

敏感肌と目元ケア化粧品

そのうえで敏感肌の原因となっているバリア機能の低下を改善を目指していきます。

 

バリア機能の低下のおもな原因は肌の乾燥。

 

この点は乾燥肌対策と共通するわけですが敏感肌の場合はとりわけ乾燥とバリア機能の低下が進行しているため、より重点的なケアが必要です。

 

とくに鍵を握るのがセラミドは油分。角質層でセラミドが不足していると角質細胞の構造がバラバラになり、その隙間から水分が蒸発し、外部からの刺激が侵入しやすい状況になっています。

 

また皮膚表面の皮脂が不足していると外部からの刺激に対して敏感になります。

 

ポイントなのはセラミドは油溶性であること。ですから油分が多い化粧品に配合することで浸透性や効果が高まる特徴を備えています。

 

敏感肌がひどい方はセラミドが配合されたアイクリームをうまく活用して乾燥とバリア機能の改善の両方をうまく行っていくようにしましょう。

 

セラミドを補いつつ、表面に油分のフタをすることで効果的に敏感肌を改善していくことが可能です。

 

加えてターンオーバーの改善効果もチェックしてみましょう。

 

ターンオーバーが活性化すれば敏感な肌から若々しく健康な肌への入れ代わりを促すことができます。

 

敏感肌の方はターンオーバーが乱れてしまっていることも多いのでこの基本的な肌環境の改善を目指すことも大事な対策方法となります。

 

まず低刺激と保湿を心がけたうえで肌環境の根本の改善まで視野に入れたうえで化粧品を選んでみるとよいでしょう。

インナードライで選びたい目元化粧品

インナードライの人は目元ケアが難しいとよく言われます。

 

表面は油っぽいにも関わらず内面が乾燥しているため、脂性肌と勘違いとして水分を除去するようなケアを行った結果ますます乾燥状態を悪化させてしまうケースが多いからです。

 

目の周辺の皮膚は薄いこともあり、誤ったケアを行うとダメージも大きくなるのでとくに注意が必要です。

自分がインナードライであることをまず自覚する

インナードライと目元ケア化粧品

そんなインナードライの人の目元ケア化粧品選びでは自分の肌環境を正確に把握しておくことが第一です。

 

自分がインナードライなのを自覚しておくのはもちろん、内面がどの程度乾燥しているのかをできるだけ正確に把握しておきましょう

 

インナードライは誤ったスキンケアが原因で進行するケースがよく見られます。汚れをしっかり落とそうと一生懸命洗った結果、必要な皮脂までも除去してしまいそれを補うために分泌量が増加する、といったパターンです。

 

ですからまずインナードライの状況を確認し、それが現在行っているスキンケア環境と結びついていないかどうかを調べておくのです。

 

いくら高価な目元ケア化粧品を使用しても根本のスキンケア環境が誤った状態を続けているのでは十分な効果は期待できません。

 

ですから目元の皮膚に負担をかけない洗顔料や化粧水選びも目元ケア化粧品選びの一環として行っていく必要があります。

表面の皮脂不足と内面の乾燥を両方ともケアできるものを選ぶ

インナードライと目元ケア化粧品

そのうえで内面の乾燥と表面の皮脂不足の両方をカバーできる目元ケア化粧品を選んでいきます。

 

乾燥しているからこそ皮脂の分泌量が増加し、表面だけが脂っぽい状態になるわけですから、内面の乾燥を改善することが第一です。

 

表面の脂分の除去ばかりに目を向けるのではなく、内面の乾燥の改善していけば自然と皮脂の分泌量を減らしていくことも可能です。

 

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった基本的な保湿成分をしっかり補える化粧品を選びましょう。

 

またビタミンB2やビタミンCのように皮脂分泌を調節する効果を備えた成分もオススメです。

 

保湿効果と皮脂分泌の調整、この2つをうまく兼ね備えた目元ケア化粧品でインナードライの原因を根本から改善していくよう心がけていきましょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!