30代・40代・50代…年齢別のアイクリーム・目元美容液の選び方

30代では目元化粧品はどのようなものを選べば良いでしょうか?

30代の目元ケアでは衰えが進行する肌環境を防ぎつつ、40代以降の備えを行っていくことが大事です。

 

30歳前後から肌の老化がはじまりますが、30代半ばくらいまではその影響はほとんど表面には現れません。

 

しかしこの段階でしっかりとしたケアを行っておかないと老化が本格的に進行していく40代以降に深刻な影響が現れるようになります。

 

目に見える肌の状態に合わせてケアを行っていくだけでなく、5年後、10年後を見据えたケアを行っていくことが大事なのです。

肌の老化で始めに起きるのは保湿成分の減少

30代と目元ケア化粧品

そんな30代の目元ケア化粧品の選び方のポイントは保湿対策です。30代以降の肌の老化でももっとも最初に進行していくのが角質層の保湿成分の減少です。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していくことで肌が水分を溜め込む力が失われるほか、バリア機能の低下も進んでいきます。

 

この乾燥が少しずつ進行していくことによって紫外線をはじめとした外部からの刺激を受けやすくなり、活性酸素の増加を導くことで老化の原因となります

 

つまり老化によって乾燥がはじまり、その乾燥の影響で老化がますます進行していく、そんな悪循環がはじまるのが30代なのです。

 

若々しい肌を維持したいならまずこの悪循環を早い段階でシャットアウトすることが求められます。不足していく保湿成分をしっかり補える化粧品を選びましょう。

老化と乾燥の両方のケアをきちんと行う

30代と目元ケア化粧品

保湿対策と老化対策をうまく組み合わせてケアを行っていくのもポイントです。

 

老化と乾燥の間に密接な関係があるということは両方のケアをしっかり行っていけばより効率よく改善していくこともできるのです。

 

ビタミンC誘導体やフラーレン、アスタキサンチン、EGF、プラセンタエキスといった抗酸化成分を保湿成分とうまく組み合わせて補っていくことで潤いとハリに満ちた肌を維持することが可能です。

 

まだシワやたるみといった目立つトラブルはあまり見られないため、重点的なケアではなく肌全般の老化を防ぐためのトータルなケアを心がけるのが30代の目元ケア化粧品選びのポイントです。油断せずに早い段階からケアを開始するようにしましょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

40代では目元化粧品はどのようなものを選べば良いでしょうか?

40代の目元ケア化粧品選びでは本格的に進行していく老化をいかに食い止めることができるかが最大のテーマとなります。

 

小じわやたるみ、くすみといったトラブルが目に見える形で現れ始めるのもこの時期。

 

それだけに老化を食い止めるだけでなく、すでに進行している老化によって生じている肌の問題点を改善していくことも必要になります。

肌に刺激を与えないようにメイク環境も見直す

40代と目元ケア化粧品

まず注意したいのはできるだけ刺激を与えないよう心がけること。アイシャドウなど目元のメイクは皮膚に負担をかけるものが多いため、メイク環境そのものの見直しも必要になります。

 

そのうえでベースメイクではできるだけ低刺激なものを選びましょう

 

目元専用美容液やアイクリームが理想的ですが、いずれにしろ添加物ができるだけ使用されていない、刺激が強い成分が配合されていないといった点に着目して選んでいくことになります。

 

また、低刺激な成分だけが配合されている成分でも配合された成分の種類が多くなると刺激が強くなります。すでに肌が敏感な状態になっている方はできるだけシンプルな内容の化粧品を選ぶとよいでしょう。

 

40代は保湿成分の減少速度が加速する

40代と目元ケア化粧品

そのうえで有効成分を吟味していくことになるわけですが、まず保湿効果を第一に検討していきましょう。

 

30代前後からセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していくことはよく知られていますが、それが加速していくのが40代です。

 

この時期に目元にトラブルが生じやすくなるのももともと皮膚が薄く乾燥しやすい状況に老化による保湿成分の減少が加わるからです。

 

それをいかにうまく補うことができるか。配合量に着目するのはもちろん、浸透性にも目を向けましょう。

 

乾燥した状態だと有効成分がうまく浸透しない可能性もありますから、低分子化などの浸透性を高める工夫がされているかどうかも見ておきたいところです。

 

オールインワン化粧品と目元専用の美容液、クリームを上手く組み合わせるのもオススメです。

 

摩擦による刺激をできるだけ避けるため、基本のケアはオールインワンで行いつつ目元のケアに専用のアイテムを使用することで最小限の刺激で最大限の効果が期待できます。

 

こうした肌への影響と効果の両方を踏まえたうえで適切な目元ケア化粧品を選んでいきましょう。

50代では目元化粧品はどのようなものを選べば良いでしょうか?

50代になると小じわやたるみといった目元のトラブルが続々と見られるようになってきます。

 

もはや若い頃のようなハリや透明感は期待できませんから、年齢を踏まえたうえで適切な目元ケアを行っていく必要があります

 

そのためにも自分の肌の現状をよく確認し、あまり高望みせずにケアできる部分からケアしていく心がけも大事です。

自分の抱えている目元の悩みを正確に把握する

50代と目元ケア化粧品

ですから50代の目元ケア化粧品の選び方ではまず自分が現在どのような目元の悩みを抱えているのかを正確に把握しておくところからはじめます。

 

漠然と「若い頃のようなハリを取り戻したい」といった願望で選ぶのではなく「このトラブルを改善したい、シワやくすみを目立たなくしたい」といった明確な条件を定めたうえでその対策に効果が期待できる化粧品を選んでいくわけです。

 

小じわ、たるみ、くすみなど、人によって抱えている悩みはそれぞれでしょうから、自分なりの価値観と判断で目元ケア化粧品を選んでいく必要があるのです。

 

小じわの場合は保湿対策、たるみの場合は老化対策とハリの改善、くすみの場合は美白対策などケースバイケースで必要な成分、処方などを見ていくようにしましょう。

 

抗酸化成分やターンオーバー促進成分など、老化全般の対策も必要

50代と目元ケア化粧品

こうしたひとりひとりの状況に合わせたケアに対して50代全般に適用できる選び方のポイントもあります。

 

まず老化対策。たるみの改善ともつながりますが、どんどん進行していく肌の老化をいかに遅らせることができるか。

 

抗酸化成分だけでなく、ターンオーバーを活性化させる対策も併せて行っていきましょう。

 

通常28日周期と言われるターンオーバーですが、50代にもなると40日、50日くらいまで乱れてしまっているケースも見られます。

 

ビタミンC誘導体やレチノール、FGF、プラセンタエキスといった真皮層のコラーゲンの増加を促しターンオーバーの改善に効果が期待できる成分が配合された化粧品がオススメです。

 

このように、50代の目元ケアでは老化を防ぎつつ、ひとりひとりが抱えている悩みに合わせた化粧品選びが必要です。

 

世間の評価や人気はもちろん、自分の肌環境を正確に把握したうえでの適切な判断が求められるでしょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!