目の粘膜に白い塊…このニキビのようなものは何?

目の中に白い塊ができてしまった場合には病気の可能性があるので要注意、早めの治療と対策が必要です。

特に白い塊が気になるのは霰粒腫(さんりゅうしゅ)の可能性が

このニキビのような塊は霰粒腫(さんりゅうしゅ)か麦粒腫(ばくりゅうしゅ)という病気の可能性が大です。

 

世間一般的には「ものもらい(関東地方)」「めばちこ(関西地方)」といった名前で呼ばれることが多く、放置しておくと腫れあがるなどの症状が見られます。

 

このうちとくに白い塊が気になるのが霰粒腫で、まぶたに発症します。

 

最初のうちは小さなしこりができるのですが、それがどんどん大きくなっていくことで大きな腫れになって目立ってしまううえに目を開けづらくなってしまいます。

 

この原因はまぶたにある皮脂腺、マイボーム腺と呼ばれる部分が詰まってしまうのが大きな原因で、皮脂が詰まって白い塊が見られる白ニキビと似たような症状ともいえます。

 

とくに細菌が感染して炎症を起こしたわけではなく、それほど深刻なわけではないのですが、放置しておくと炎症を発症して赤く腫れあがったり痛み、大量の目やにといった症状へと発展していくこともあるので注意が必要です。

目の充血、痛み、赤み、腫れなどの症状は麦粒腫の可能性が

一方最初の段階から目の充血が見られ、痛みや赤み、腫れといった症状が見られるのが麦粒腫です。

 

目の中にできることもあり最初のうちはまばたきをしたときに違和感を感じるといった症状が見られます。

 

こちらは黄色ブドウ球菌という細菌が感染を起こすことによって炎症が生じたもので、まぶたの外側にできた状態を「外麦粒腫」、内側にできた状態を「内麦粒腫」と呼んでいます。

 

注意したいのはこの黄色ブドウ球菌はもともと体内に存在している菌で免疫力や体力の低下、ストレスといった体調の変化が原因で感染・発症するケースがあることです。

 

治療はいずれも抗生物質を使用した点眼薬や内服薬といった薬物療法がメインとなっていますが、麦粒腫の場合、症状が悪化した場合には炎症によって溜まった膿を除去するため、霰粒腫の場合はしこりを除去するために手術が必要になる場合もあります。

 

このように目の粘膜にニキビのような腫れや白い塊ができた場合にはこれらの病気が深刻化する前に眼科で診察を受け、適切な治療を行っていく必要があります。

 

人によっては再発を繰り返してしまうこともあるので日ごろから目の状態をよく確認しておくことも重要でしょう。

 

なお、「ものもらいは人に感染する」というイメージがありますが、この二つの病気は感染性ではありません。このあたりの正しい知識も知っておきたいところです。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!