垂れ目やつり目がコンプレックス…改善できる?

つり目や垂れ目はチャームポイントになる一方、コンプレックスになってしまう面もあります。

まずメイクの仕方を変えるだけでも与える印象がだいぶ変わる

つり目はきつい印象を与えてしまう面がありますし、垂れ目もほどほどならおっとりとした女性らしいかわいらしさをアピールできるものの、あまり垂れた印象が強いと老けた印象になってしまいます。

 

改善するだけでなく、うまく長所だけを引き出してアピールできるような工夫がほしいところです。

 

まず基本はやはりメイク。目の形をそうそう簡単に変えるわけにはいきませんから、メイクで見た目の印象を改善していくのがもっとも現実的で効果的な方法です。

 

その際にポイントとなるのがアイラインです。アイラインをどう引くかでかなり印象が異なるのは日ごろアイメイクにこだわっている方にはおわかりのはず。

 

とくにつり目の場合はアイラインを下げるだけで印象がガラッとかわります。もちろん、あまり不自然にならないよう気をつけましょう。

 

とくに垂れ目の方がアイラインで上げようとすると不自然になってしまいがちなので要注意です。

 

ちょっと難易度が高くなりますが、眉毛の描き方でも目の印象を変えることができます。

 

眉のラインの中でももっとも高い部分になる眉山、そしてそこから眉尻までのラインをどう描くかで目の印象も違ってくるのです。

 

つり目の方はあまり角度を作らず全体的になだらかなカーブを描きつつ、やや下げて描くと効果的です。これはつり目の方に効果的なのでオススメです。

表情筋や眼輪筋のトレーニングや目元ケアも取り入れる

目元ケアを集中して行うのも改善策のひとつです。垂れ目の場合、加齢によってまぶたや目じりにたるみが生じることで進行してしまうことが多いので老化対策も含めたケアを行っていくことが求められます。

 

垂れ目対策では目の周りの筋肉を鍛える表情筋&眼輪筋のトレーニング、さらに目元専用の美容液やアイクリームによるスキンケアが非常に重要です。

 

コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分、ビタミンC誘導体やレチノールといった肌のハリの改善に役立つ成分を積極的に補っていきましょう。

 

長時間のパソコンやスマホによる眼精疲労が眼の周囲のこわばりをもたらしてキツい印象になってしまうこともあります。

 

つり目の方はつり目そのものを改善するだけでなく、印象をやわらかく穏やかにするためにも目のケアを日々の生活の中で取り入れて生きましょう。

 

適度な休息はもちろん、マッサージやツボ、蒸しタオルを使ったケアなどもうまく取り入れていきたいところです。

 

このようにつり目や垂れ目そのものをどう改善するかよりもどう見せるか、よい印象をもたらすことができるかが鍵です。そのための方法を自分なりに見つけてみましょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!