化粧品以外でも様々な対策が!目のたるみ対策

目の下のたるみの予防

目の下のたるみの予防には額のシワに注意する

目の下のたるみ化粧品予防

目の下のたるみは体の衰えによって生じるため、どうしても避けられないものです。しかしたるみが生じやすい人とそうでない人でかなりの個人差が生じるのも事実。

 

これは肌質や目の下の筋肉、脂肪の状態などが関わってくるのですが、もうひとつ、日常生活の習慣も大きな要素となります。たるみが生じやすい人は日々の生活の中で知らず知らずのうちに原因を作ってしまっている可能性があるのです。

 

では目の下のたるみを避けるために注意したい習慣にはどのようなものがあるのでしょうか。まず額にシワを作らないようにすること。ためしに目を大きく開いてみてください。額にシワができたでしょうか?

 

目を開くための筋肉には眼輪筋と前頭筋の二つがあります。前者が目の皮膚を支える筋肉、後者は額にある筋肉です。

 

目を開いたときに額にシワができやすい人は眼輪筋をあまり使わずに前頭筋を頼ってしまっている可能性が大です。その分眼輪筋が衰えやすくなるので注意しましょう。

 

それから目を擦ってしまうクセがないか。とくにデスクワークをしている人は要注意。

 

頻繁に目を擦っているとミュラー筋と呼ばれるまぶたをひきあげる筋肉を伸ばしてしまい、機能を弱めてしまいます。その結果、まぶたがたるみやすくなるのです。

同じ場所を見続けることもたるみの原因になる

目の下のたるみ化粧品予防

目の下のたるみとまぶたのたるみの両方が生じるとますます冴えない、眠そうな顔になってしまうので注意が必要です。

 

花粉症の人、忙しい生活で睡眠不足や慢性疲労に陥っている人も無意識のうちに目を擦ったりしないよう注意したいところです。

 

もうひとつ、意外なところでは視点をこまめに動かすこと。同じ場所、距離をじっと見つめていると目の筋肉が疲労してしまいます。

 

疲労が蓄積することによって衰えが進んでしまうのです。視点を動かす際にはできるだけ異なる距離を見るようにし、ピントをずらすことがポイントです。

 

いかがでしょうか? 改めて見直してみるとこれらの習慣が当てはまってしまっている人も多いのではないでしょうか。スキンケアやマッサージなどの対策とともにこうした習慣を改めることでも目の下のたるみ解消に効果が期待できるはずです。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

目の下のたるみ対策-美顔器

美顔器は手軽に目の下のたるみ対策ができることがメリット

目の下のたるみ化粧品対策美顔器

目の下のたるみを解消する方法の一つとして美顔器があげられます。手軽にできる点ではこれが一番でしょう。

 

面倒なマッサージやエクササイズも必要ありませんし、目元専用の美容液を使用してケアを行う必要も、必死にメイクで隠す必要もありません。ただ、美顔器にはメリットとデメリット両面があるため、それを把握したうえで選択し使用していく必要があります。

 

まず美顔器のメリットについて見てみましょう。最大のメリットは冒頭にもあげたように手間がかからないこと。器具を気になる部分にあてるだけで効果を発揮してくれます。

 

蒸気を当てるタイプならただ顔を蒸気に当てていればよいので非常に簡単です。忙しくてなかなかスキンケアに時間をかけてられない人でもリラックスしながら行っていくことができます。

 

それから自分のケアでは決して得られない優れた効果。超音波タイプイオン導入などエステで行われている施術と同じ美顔器も登場しています。

 

超音波で皮膚に刺激を与えたり、ビタミンC誘導体をイオン導入によって皮膚の奥まで浸透させるなど、自分でのケアでは決して得られない効果が期待できます

目の下のたるみ対策のための美顔器選びは値段と効果を考える必要がある

目の下のたるみ化粧品対策美顔器

これまで自分でさまざまなケアを行ってきたけれどもどうしても目の下のたるみを解消できずに悩んでいる人にとっては最後の切り札ともなるでしょう。

 

一方デメリットにはどのような点があるのでしょうか。まずやはり価格面。近年では安い美顔器も登場していますがそれでも万単位の金額です。なかなか手が出ないという人も多いでしょう。

 

また価格そのものだけでなく、コストパフォーマンスも大きな問題点です。安い器具が増えてきたのはよいのですが、その分効果が弱く、「安かろう悪かろう」な面が目立つのです。

 

とくに目の下のたるみ解消に美顔器を役立てようというのならやはりそれなりの価格のものを購入する必要があるでしょう。

 

ただ、考え方を変えればエステよりもずっと安く優れた効果を得られるともいえるわけで、この点はメリットともデメリットともなるでしょう。

 

デメリットでは実際に効果が得られるかどうか。スキンケア製品と同様、やはり相性というものがあります。多くの人から高い評価を得ている美顔器が必ずしも自分に合うとは限りません

 

スキンケア製品とは異なり、思うように効果が得られなかった他の製品に切り替える、というわけにはなかなかいかない点も美顔器の難しいところです。

目の下のたるみ対策-美容液とマッサージの併用

目の下のたるみ対策にはリンパマッサージで老廃物を流すのが有効

目の下のたるみ化粧品対策マッサージ

目の下のたるみは肌と筋肉の衰えがおもな原因です。そのためこの両方を改善を目指すことが対策における最大のポイントとなります。

 

美容液に含まれる保湿成分や抗酸化成分は肌の衰えを改善してくれる効果が備わっていますから、それに加えてマッサージで筋肉を鍛えることで効果を倍増させることができます。

 

では目の下のたるみ解消に役立つマッサージにはどのようなものがあるのでしょうか。まずリンパマッサージ。目がはれぼったくなった状態でたるみができてしまっている人も多いのではないでしょうか?

 

これはリンパの流れが滞ってしまったことで余分な水分や老廃物が蓄積してしまったことによるものです。

 

ですからリンパを刺激し、流れをスムーズにすることで老廃物を除去することが重要となるのです。リンパマッサージのポイントは優しく刺激すること。

 

とくに目の下は皮膚が薄いため、あまり力を込めて刺激してしまうと毛細血管を傷つけてしまう恐れがあります。マッサージというよりも擦る感じで、目の下に溜まった老廃物を押し流すような感覚で行っていくとよいでしょう。

眼輪筋エクササイズも目の下のたるみの予防につながる

目の下のたるみ化粧品対策マッサージ

エクササイズの効果があるマッサージもうまく取り入れましょう。眼輪筋という筋肉を鍛えることで目の下のたるみを引き締めることができます。

 

日ごろ使用することが少ない筋肉だけに年齢とともに衰えやすい筋肉なのですが、逆に意図的に鍛えれば衰えを取り戻すことも可能です。この眼輪筋肉を鍛える方法は「眼だけを動かす」ことがポイントです。

 

日常生活で視線を動かす際にはどうしても額の前頭筋を動かしてしまうことが多く、それが眼輪筋の衰えを進めて目の下のたるみをもたらしてしまうことが多いのです。

 

具体的な方法としては目の位置を固定したまま、指で目尻を軽く押さえた状態でこめかみの上へ向かって引っ張り、その状態で力をこめて目を閉ざして5秒間程度維持します。それが終わったら今度は指を逆方向、こめかみの下に向かって皮膚を引っ張り、力をこめて目を閉じて5秒間キープ。この動作を1セットで1回3セット程度行います。

 

即効性こそ期待できないかもしれませんが、こうしたマッサージと美容液のケアを一緒に行っていくことでより効果的に目の下のたるみ解消を目指していくことができるはずです。

目の下のたるみ対策-メイク

目の下のたるみのカバーには洗顔時のマッサージも大切

目の下のたるみ化粧品対策マッサージ

目の下のたるみは日ごろのケアやエクササイズ、マッサージといった対策で解消を目指していく必要があります。しかしこれらの方法は即効性に乏しく、時間をかけて行ってことが大前提。

 

しかしそれでは間に合わない、今すぐなんとかしたいと焦っている人も多いでしょう。その場合にはてっとり早くメイクで隠すのが一番の近道です。

 

ただメイクで目の下のたるみを隠すといってもどうやったらいいのかわからない、という人も多いでしょう。

 

シミやシワのようにファンデーションで覆って隠す、というわけにはいかないからです。たるみを目立たせない工夫が必要です。ではどのようなメイク方法があるのでしょうか。

 

目の下のたるみを取るメイク術でも基本的なケアは怠らないことがまず重要です。洗顔の際にマッサージを行い、目の下の血行をよくしておきましょう

 

また、アイクリームを使用し、保湿対策を行っておくことも必須です。これはメイクから目の下の皮膚を守るうえでも重要なポイントです。

目の下のたるみをメイクでカバーするにはコンシーラーを利用する

目の下のたるみ化粧品対策メイク

実際のメイクではコンシーラーの使用が鍵を握ります。たるみが生じると皮膚に起伏ができ、陰影ができるようになります。そのうえにクマができていたりするとますます老けた印象を与えてしまうのです。

 

そのためコンシーラーで陰影を隠し、平坦に見せるのです。たるみがそれほど目立たない場合には明るめのコンシーラーを、やや目立つ場合には抑え目のトーンのコンシーラーを使用するのがポイントです。

 

そしてファンデーション。あまり厚塗りにならないように気をつけること、せっかく塗ったコンシーラーを落とさないように力を入れすぎずに塗っていくことが鍵です。

 

厚塗りするとかえってたるみを強調してしまったり、陰影を目立たせてしまうことになるので気をつけましょう。エイジングケア用のファンデーションを使用すればより高い効果が期待できます。

 

こうしたポイントを心がけながらメイクを行っていけば目の下のたるみを目立たなくさせることができるはずです。肌への刺激にも充分配慮しながら行ってみてはいかがでしょうか。

目の下のたるみ対策-美容外科

美容外科でのは目の下のたるみの余分な脂肪を取るのが一般的な方法

目の下のたるみ化粧品対策美容外科

目の下のたるみを解消するもっとも効果的な方法が美容外科での治療です。この方法なら確実に、しかも短期間で解消することができます。

 

目の下のたるみは体の老化によって生じるどうしても避けられないもの。日ごろのスキンケアやマッサージ、エクササイズではどうしてもカバーしきれない部分も出てきます。そんな時の最後の手段として美容外科での治療が役立ってくれます。

 

ただ、美容外科で治療を受けるとなると不安や精神的な抵抗を感じる人も多いはずです。ただ、美容外科の技術の進歩は目覚しく、メスを入れることなく目の下のたるみを解消する方法も登場しています

 

いわゆる「プチ整形」の一種で、メスを入れることへの抵抗や不安を感じずに受けることができます。

 

では美容外科ではどのような方法で目の下のたるみを解消しているのでしょうか。最も一般的な方法は皮膚の下の余分な脂肪を取り除く方法。直接脂肪を除去するのですから、即効性が期待できます。

美容外科では心身の負担の軽減した目の下のたるみの利用も増えてきている

目の下のたるみ化粧品対策美容外科

メスを入れずに除去することができ、施術時間も1時間程度。治療中の負担もほとんどなく受けることができますし、入院の必要もないため、日帰りで受けることも可能です。

 

気になるのは手術の際の傷跡ですが、ごく小さな傷跡なうえ、二重瞼のラインやまつげのギリギリのところで施術を行うため目立つことはほとんどありません。

 

この施術を行えば一気に若返ることもできます。目の下だけでなく、まぶたの脂肪を除去することもできるため、まぶたのたるみに悩まされている人にもお勧めの方法となるでしょう。

 

このように、現在の美容外科では精神的・肉体的な負担をほとんど感じることなく目の下のまぶたを解消することが可能です。

 

一気に解消できるので周囲の人に違和感を感じさせないよう注意する必要がありますが、長年の悩みを解消する非常に優れた手段となることは間違いないでしょう。

 

顔の形そのものを変えるわけではないため、美容整形への抵抗や拒否反応も抱かずに済むはずです。たるみがどんどん進行してしまい、日々の対策では効果が期待できない人は検討してみてはいかがでしょうか。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!