クマにも種類が!クマの種類を知って正しい対策を

茶クマの原因と対策とは?

茶クマの原因もメラニン色素で紫外線対策が効果的

目の下弛み化粧品口茶クマ原因対策

茶クマの原因は肌をめぐる環境と密接にかかわっているため、スキンケアが対策において重要な意味を持ちます。この点は血行不良がもたらす黒クマあたりとは大きな違いでもあります。

 

茶クマの直接の原因はメラニン色素の沈着です。茶褐色をしたメラニン色素が角質に沈着を起こすことで茶色くなってしまうのです。このメカニズムはシミと共通していますが、シミほど濃くならない一方で広範囲に起こるのが違いとなります。

 

ですからまずメラニン色素がどうして沈着を起こしてしまうのか、その原因を核にしてみましょう。よく知られているように紫外線を浴びるとメラニン色素が増加しますから、茶クマに悩まされている人は紫外線対策が十分にできていない可能性があります

 

日焼け止めを切り替える、乳液やクリーム、化粧下地でも紫外線対策を取り入れるといった対策のほか、日傘や帽子といったアイテムもうまく取り入れてみましょう。

 

それからバリア機能の低下。バリア機能が低下した結果刺激に敏感になると紫外線をはじめとした外部からの刺激からメラニン色素の生成量が増加します。年齢を重ねると肌の乾燥とともにバリア機能が低下していきますから、保湿でうまく予防・改善していくことが大事です。

 

しかもバリア機能が低下すると日焼け止めそのものが負担になってしまうことも多く、一生懸命紫外線対策をすればするほどかえって肌にダメージを与えてしまう悪循環に陥ってしまいかねません。

茶クマの対策にはターンオーバーを活性化させることも大切

目の下弛み化粧品口茶クマ原因対策

それを防ぐためには保湿でバリア機能の改善を心がけつつ、肌に合った日焼け止めを選ぶ意識が求められます。

 

もうひとつ、ターンオーバーの衰えも見逃せないポイントです。生成されたメラニン色素がターンオーバーの過程でしっかりと排出されていれば沈着を起こすこともないわけですが、ターンオーバーが衰えて周期が遅れるようになるとメラニン色素が排出されずに角質層に長くとどまり、やがて沈着を起こしてしまうようになります

 

20代には28日周期といわれているターンオーバーの周期も40代になると40日以上にまで延びてしまうだけに茶クマの大きな原因として見逃せません。

 

ですからスキンケアによる茶クマ対策ではシミと同じく美白化粧品でメラニン色素をブロックする方法に加えて保湿ケア、ターンオーバーの活性化といった対策も欠かせません。化粧品選びでは美白成分にばかり目を向けるのではなく、肌の老化やトラブルのケアを幅広く行っていけるかどうかで判断しましょう。

 

美白成分は低刺激なものを優先し、保湿成分とプラセンタエキスやEGFといったターンオーバーを活性化させる成分が充実しているものを選ぶのがオススメです。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

黒クマの原因と対策とは?

黒クマの原因は皮膚のたるみによる陰影

目の下弛み化粧品口黒クマ原因対策

黒クマは目にできるクマの中でももっとも厄介なタイプといってもよいでしょう。また老化が直接原因と結びついているためエイジングケアとうまく組み合わせていけるかどうかも大事なポイントです。

 

原因とクマができている状態がやや特殊で他のクマとは比較しづらい面もあります。茶クマの場合はメラニン色素が沈着することで皮膚の色が変色するのが原因、青クマは血行不良によって青黒くなった血液が皮膚を透かして見えるようになるのが原因。

 

つまり色が変化する理由がはっきりしているわけです。それに対して黒クマの場合は皮膚にできた陰影が原因です。つまり凹凸によって陰ができた部分が黒いクマとなるため、皮膚や血液など体のどこかの色が変化したわけではないのです。

 

年齢を重ねると深いシワやたるみができますし、乾燥が進むと表面がカサカサになって細かなシワが刻まれるようになります。つまり皮膚の表面が滑らかではなく凹凸ができるようになるわけです。

 

それが光があたった加減によって陰ができ、黒い状態になります。目の下はとくにたるみやくぼみができやすく、さらに目の下から頬にかけて「ゴルゴライン」と呼ばれるシワができていくため凹凸ができやすく、しかも光を浴びやすいこともあってこの黒クマがよくできるのです

 

ですから明るいところにいるかどうか、どんな角度で光を浴びているかによってクマができる範囲や場所が違ってくるため、クマができる部分を集中的にケアすればいいというわけにはいきません。

黒クマには真皮層のコラーゲンを増やす対策が効果的

目の下弛み化粧品口黒クマ原因対策

こうした点が黒クマの対策を難しくしているのです。

 

ではどんな対策がよいのか。まずは肌表面がなめらかな状態を取り戻すためハリを改善するケアを取り入れていきましょう。乾燥を防ぐための保湿ケアはもちろん、真皮層のコラーゲンを増やす対策が求められます

 

とくに目のたるみやくぼみは真皮層のコラーゲンの減少が深くかかわっているため、体内での生成を促すビタミンC誘導体やレチノールといった有効成分を日ごろのスキンケアでうまく補っていけるかが重要なポイントです。

 

また目の周りの筋肉(眼輪筋)が衰えることでも肌を支える力が低下したるみやシワをもたらします。これは眼精疲労ともかかわってくる問題なので目を休ませつつこの筋肉をリラックスさせながら鍛えることができるストレッチ・エクササイズを取り入れてみましょう。

 

長時間モニター画面を見続けているとこの筋肉が硬直状態に陥ることで衰えの原因となってしまうので適度に休憩を挟んで酷使しない環境づくりも意識したいところです。一度できてしまった目のたるみ、シワはなかなか改善が難しいだけに予防の段階から適切なケアを意識してみましょう。

青クマの原因と対策とは?

青クマの原因は血行不良なのでスキンケアだけの対策は不十分

目の下弛み化粧品口青クマ原因対策

青クマは血行不良が主な原因によって生じるクマです。ですから対策ではスキンケアだけでなく、血行を改善するためのケアも重要になってきます。

 

目の回りの皮膚は薄く、他の顔の部分に比べて数分の1程度といわれています。そのため血行が悪化するとその状態が皮膚を透かして表面にあらわれやすいのです。

 

血液が赤いのは赤血球にヘモグロビンが含まれているからなのですが、血行不良に陥るとヘモグロビンの濃度が減少し、赤みが後退して青黒い色になっていきます。それが薄い目元の皮膚を透かして表面にあらわれることで青グマになるのです。

 

となると血行不良とヘモグロビンの減少を改善していくことが青クマ対策の大前提となるわけですが、それには生活習慣を意識したうえで健康状態にも配慮した対策が求められます。たとえば女性の場合は鉄分が不足していることで青クマができることも多いのです。

 

ヘモグロビンの生成には鉄分が欠かせないため、不足していると現象の原因となるのですが、成人女性の3分の1は鉄分が不足しており、鉄欠乏性貧血のリスクを抱えているといわれています。女性の場合はまず鉄分が不足していないかどうかをチェックしてみましょう。

 

もうひとつ、こちらは男性が注意したい点ですが肝臓機能が低下していると血行が悪化します。これは食べすぎ・飲みすぎによって体内の解毒作用や老廃物の除去を担当している肝臓に負荷がかかってしまうためで、血液を浄化する働きが低下した結果決量が悪くなり青クマの原因となるのです。

青クマ対策では更年期による自律神経の乱れや睡眠環境の改善も有効

目の下弛み化粧品口青クマ原因対策

仕事で忙しい生活を送っていると青クマができることがありますが、それは単に疲労が原因ではなく肝臓に問題を抱えている可能性もあるので注意しましょう。

 

生活習慣にも青クマを引き起こす原因が潜んでいます。ストレスや疲労の蓄積、不安定な精神状態によって自律神経が乱れると血流が妨げられます。しかも自律神経は不眠の原因になるので二重の意味で青クマの原因を作ってしまいます。

 

日ごろストレスを蓄積しやすい人、疲労や睡眠不足が慢性化してしまっている人はまずそうした環境の改善が求められます。また女性の場合は更年期の症状として自律神経の乱れが起こりやすいので注意したいところです。

 

スキンケアではビタミンEなど血行を促す働きを持つ成分を補う、年齢肌が気になる方はターンオーバーの乱れによって起こる菲薄化(皮膚が薄くなる)を防ぐといったケアで効果が期待できます。

 

基本的はにスキンケアよりも生活習慣と健康状態の改善を重視し、そのうえでスキンケアをサポートとしてうまく活用していくのがもっとも賢い青クマ対策の方法となるでしょう。

赤クマの原因と対策とは?

赤クマは目の酷使が原因で悩まされている人が増えてきている

目の下弛み化粧品口赤クマ原因対策

目のクマのなかでもあまり名前を聞かないのが赤クマです。しかし現代社会ではこのタイプのクマに悩まされる人が増えているうえ、誰にでも起こる可能性を抱えています。それだけに正しい知識を踏まえたうえで日ごろから意識してケアと予防に取り組んでいく必要があるのです。

 

この赤クマとは目の周りの皮膚に赤みが生じてしまう状態のことです。かといって湿疹やニキビができてしまったわけではなく、皮膚が赤みを帯びており軽く腫れた状態になることが多いのが大きな特徴です。これは目の酷使が最大の原因で起こるものです。

 

現代人は日ごろから目を酷使しがちな環境を送っているといいます。眼精疲労が慢性化してしまっている人も増えており、パソコン・ネットの普及による長時間のデスクワーク、スマホの使用などが目を酷使する原因としてよく挙げられます。

 

とくに注意したいのがドライアイと目の充血、そして目を擦ってしまうことです。目の充血によって血行が悪化すると皮膚が薄い目の周りの皮膚を通して血液の色が透けて見えるようになります。これが悪化すると青クマになってしまいます。

 

その意味では赤クマと青クマはかなり共通している部分もあるわけです。一時的に充血によって血行不良になった場合には赤クマになり、血行不良が慢性化して血液中からヘモグロビンの濃度が低下すると血液から赤みが失われて青クマになるわけです。

意識的に瞬きや休憩を増やしたりすることが赤クマ対策に繋がる

目の下弛み化粧品口赤クマ原因対策

そしてドライアイで目がかすんだり、目の周りがかゆくなったりするとどうしても目を擦ってしまいがち。無意識のうちにそれを繰り返していると肌を刺激して肌荒れを起こしてしまいます。

 

つまり青クマの場合は血行の問題が皮膚に表面に浮かぶのが大きな問題となるのに対し、赤クマはそれにプラスして皮膚そのものが赤みを帯びてしまう問題も抱えているのです。

 

ですから対策としてはとにかく目を酷使せずに適度に休ませること。仕事の都合上長時間のデスクワークは仕方ないですが、30分〜1時間に1回は休憩を挟んでモニターが目をそらすこと。

 

また作業中にはどうしても瞬きの回数が減ってドライアイの原因を作ってしまうので意識して瞬きを心がけましょう。あとは休憩中に眼球をグルグル回すなどのエクササイズを取り入れる、目薬で栄養補給するといった対策も有効です。

 

そのうえでスキンケアで刺激を受けて傷んだ皮膚の修復を心がければ予防・解消に効果が得られるでしょう。原因を抱えることで起こりやすい一方、適切な対策を行えば改善しやすいのも赤クマの大きな特徴です。

 

それだけに日々の心がけが問われるでしょう。とくに長時間のスマホには気をつけたいところです。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!