化粧品選びに知っておきたい!目の下のたるみに効果的な化粧品成分

目の下のたるみに効果的な化粧品成分-フラーレン

フラーレンの効果は活性酸素を抑制する事

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

フラーレンといえば「ノーベル賞受賞成分」として一時期話題になりました。現在ではエイジングケアへの効果からさまざまなスキンケア製品に配合されるようになっています。

 

目元はとくに老化の影響がトラブルに結びつきやすいこともあってこの成分が注目されています。

 

フラーレンの効果としてまず挙げられるのが活性酸素を抑制することによる老化の予防です。細胞は活性酸素の影響で老化が進み、それがシワやたるみといったトラブルの引き金になります。

 

生き物である以上老化は避けられないわけですが、フラーレンには活性酸素を抑制することで遅らせる働きがあります。たるみはまさに老化の影響で進んでいくものですから、根本の段階でケアしていくことができるわけです。

 

それから角質細胞を正常に保ち、ハリを改善する働きも期待できます。人間の肌には外部からの刺激を防ぐバリア機能が備わっていますが、これも老化や乾燥の影響、さらに紫外線のダメージによって低下していきます。

 

フラーレンにはそんなバリア機能を保ち、外部からの刺激によって活性酸素が増加してしまう状況を防ぐことができます。

 

また角質層の構造が乱れているとせっかくスキンケアで美容成分を補ってもうまく浸透しなかったり、すぐに蒸発して失われてしまうといった問題が出できますが、フラーレンはそれを防ぎ角質層の構造を保つ役割も備えています。活性酸素を抑制するだけでなく、作られにくい環境づくりにも役立ってくれるわけです。

フラーレンはコラーゲンとエラスチンを増やす

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

肌のハリの改善はたるみ対策においてもっとも重要なポイントといってもよい部分ですが、これは真皮層のコラーゲンとエラスチンをいかに増やすことができるかにかかっているといいます。

 

真皮層では繊維状のコラーゲンはエラスチンとともに網の目状に張り巡らされることによって肌全体を支えているからです。

 

しかしスキンケアで直接この2つの成分を補っても真皮層にまでは到達せず、補うのではなく増やすケアが求められます

 

フラーレンにはこの2つの成分の生成を促す働きが備わっており、老化を防ぎつつ、ハリの改善へと導いてくれます。

 

これらを見てもコラーゲンがいかに目の下のたるみに役立ってくれるかがうかがえるでしょう。加えて肌の炎症を防ぐ働きもあるのでシミ、くすみなどのトラブル対策にも役立ちます。まさに目元ケアにおいて万能の成分ともいえるでしょう。

 

目の下のたるみは一度できてしまうとなかなか改善が難しい部分もありますから、この成分で早い段階からエイジングケアをとりいれてみてはいかがでしょうか。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

効果を実感しやすいフラーレン配合化粧品の選び方

フラーレンの配合量を確認

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

フラーレン配合化粧品は目元ケア、とくに目の下のたるみ、くぼみ対策に役立ちます。活性酸素を防ぐ抗酸化作用やハリを改善するコラーゲンの生成を促す作用など、幅広いアプローチで目元ケアに役立ってくれるからです。

 

では目の下のたるみ対策にフラーレン配合化粧品を使用する場合にはどういった点に着目して選んでいけばよいのか?まず着目したいのが配合量です。

 

EGFやプロセンタなど近年注目を集めているエイジングケア化粧品に比べてフラーレンはまだあまり大々的に配合した製品が少ない傾向があります。

 

EGFやプラセンタを主成分として配合し、その点をセールスポイントにしている製品は多いのにフラーレンを主成分として配合した製品の選択肢は限られていきます。

 

そこには製造コストなどの問題もあるわけですが、できるだけ多くの配合量で、フラーレンの効果を活かした製品かどうかを確認しておきましょう

 

サポート成分やおまけのような形で配合されている製品も多いですから、ネットで重要を入手しつつ、メーカー側がフラーレンのメリットにどれだけこだわっているかなども見ておきましょう。

 

フラーレンの種類もポイントです。現在スキンケア製品に配合されているフラーレンにはいくつかの種類があります。

フラーレンは種類によって効果が異なる

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

もっともよく使用されているのがラジカルスポンジと呼ばれる水溶性のタイプで、水となじみやすいことから化粧水から美容液まで広く使用されています。

 

とくに活性酸素を除去する働きに優れているので老化の悩みを抱えている方にオススメです。

 

それからリポフラーレン。こちらは保湿成分のスクワランと混ぜ合わせて作られた油溶性のもので、美容液、乳液、クリームによく配合されています。

 

水溶性と油溶性でどのアイテムに配合されているのかに違いが出てくるので気をつけましょう。目元の乾燥に悩まされている方によいでしょう。

 

浸透性を重視したタイプではモイストフラーレンというタイプがあります。角質層の奥にまで届くのでハリを改善したい場合に適しています。その意味では目の下のたるみ対策ではもっとも魅力的な選択肢といえるでしょう。

 

特殊なカプセルに封じ込めた形で配合されているので肌が乾燥して有効成分が浸透しにくくなっている、という方にも適しています。

 

あとは他の成分との組み合わせ。ターンオーバーを活性化させたいならEGFやプラセンタと組み合わせると相乗効果が期待できますし、真皮層のコラーゲンを増やしたいならビタミンC誘導体やレチノールとの相性が良好です。こうした化粧品としての総合的や評価も踏まえながら選んでいくとよいでしょう。

目の下のたるみに効果的な化粧品成分-レチノール

レチノールは皮膚と粘膜を保護する

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

レチノールは肌のハリを改善する働きで注目を集めている成分です。目の下のたるみはまさにハリの低下が大きな原因ですから、この成分をうまく活用することで改善効果が期待できるわけです。

 

このレチノールとはビタミンAの一種で、浸透性や安全性などを考慮したうえでスキンケア製品に配合されたものです。

 

ですから基本的にはビタミンAと同じ働きを備えています。ビタミンAといえば皮膚と粘膜を保護し正常な状態を維持する働きで知られています。

 

スキンケアだけでなく食事やサプリメントでの摂取も欠かせないのですが、紫外線や老化の影響で角質層の構造が乱れやすい状態になっていくのを防ぐのに役立ちます

 

老化の影響で角質層に乱れが見られると水分が失われて乾燥とバリア機能の低下が進んでしまいますし、バリア機能が低下することで紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

 

目元は皮膚が薄いうえに紫外線を浴びやすいこともあってとく角質層が乱れやすい環境にあるわけですが、レチノールならそれを防ぐことができるのです。老化によって乾燥が進むとバリア機能が低下し、紫外線のダメージでますます老化が進んでいく…という悪循環を防ぐ上でも大きな意味を持つでしょう。

 

そのためセラミドやヒアルロン酸など保湿成分と併せて摂取すると相乗効果も期待できます。

レチノールは線維芽細胞を活性化させる

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

さらにもうひとつ、レチノールが注目されている効果にはコラーゲンの生成を促し、ターンオーバーを活性化する面があります

 

とくにコラーゲンの生成を促す働きが注目されており、この点を目的に目元ケア化粧品に配合されているケースが目立ちます。

 

コラーゲンは角質層だけでなく真皮層にも含まれており、肌を支える重要な役割を担っています。しかしそれが老化や紫外線のダメージで失われてしまうと不足して肌を支える力が低下してしまうのです。

 

その結果ハリが失われ、肌は重力の重みに負ける形でたるんでいくことになります。問題なのはスキンケアでコラーゲンを補っても浸透するのは角質層までなので真皮層の不足を補う対策にはあまり役立たないこと、

 

そのためいかに体内での生成を促し、不足している分をカバーできるかが重視されます。レチノールはコラーゲンを作っている繊維芽細胞に働きかけて活性化させることでその効果をもたらします。

 

ですから肌を健康に保ちつつ、老化がもたらすハリの低下を改善して若々しさを引き出す。レチノールには目の下のたるみの改善に必要な肌環境をもたらす優れた効果が備わっていることになります。

 

少々刺激が気になる面もありますが、賢く目元ケアに活用することでトラブルの予防・改善に役立てていくことができるでしょう。

効果を実感しやすいレチノール配合化粧品の選び方

レチノールには種類がある

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

たるみやシワといった目元に起こりやすいトラブルの予防・改善に効果を発揮するといわれるレチノール。

 

目元のトラブルを抱えている方にとっては非常に魅力的な成分となるわけですが、日々のスキンケアに利用していくためにはできるだけ効果が実感できるような製品を選ぶことも大事です。

 

レチノールはその点少し注意が必要な部分も出てくるので正しい知識のもとで選んでいくようにしましょう。

 

まずレチノールの種類。レチノールといえばビタミンAの一種ですが、スキンケア製品に配合する際には加工を施すことで効果や安全性、浸透性の向上が目指されています。

 

ですからレチノール配合を名乗っている製品でも内容と効果に違いが見られることも多いのです。

 

種類では浸透性を高めるためにパルチミン酸と結合されたパルチミン酸レチノール(レチノールパルミテート)というタイプがあります。

 

目の下は乾燥しやすいこともあって有効成分が浸透しにくく、スキンケアの効果がなかなか実感できないという方にはこの種類が配合されたものを選んでみるとよいかもしれません。

 

それから酢酸と結合させることで安定性を高めた酢酸レチノール。レチノールはもともと酸化しやすく、時間の経過や外気との接触で変質しやすいマイナス点を抱えています。このタイプならそうした問題を改善し安定してレチノールの効果を実感しやすくなっています。

 

さらに低刺激を重視し他の成分と結合された上で配合されるケースも見られます。

自分の肌でも使えるか確認

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

ビタミンEなどの有効成分と組み合わせることで相乗効果が期待できるものもあれば、水やBGなどと組み合わせて刺激を抑えたものもあります。

 

後述するようにレチノールは少々刺激が強い部分もあるだけにこうした点にも着目し安心して使い続けられるかどうかも見ておく必要があるのです。

 

目元は皮膚が薄く刺激を受けやすい、まして乾燥や老化の悩みを抱えているとなるとスキンケアそのもので刺激を受けてしまう恐れがあります。レチノールは目元のトラブル改善に非常に優れた働きを備えている一方、刺激が強く扱いが難しい面も備えています。

 

ですからレチノール配合化粧品を選ぶ際には必ず自分の肌でも問題なく使用できるかどうかを確認しておきましょう。効果よりもデメリットのほうを実感してしまった、といったことがないようにしたいものです。

 

このように自分の肌質や抱えているトラブルを踏まえたうえで適切なレチノールを選ぶことが大前提、効果だけでなくデメリットにも着目したうえで賢い判断を心がけましょう。

目の下のたるみに効果的な化粧品成分-ペプチド

ペプチドは真皮層までも浸透しやすい

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

ペプチドとはアミノ酸が結合することで成り立っている成分です。アミノ酸はよくたんぱく質の原材料といわれますが、それはアミノ酸が結合することでたんぱく質がなりたっているからです。

 

たんぱく質が非常にたくさんのアミノ酸が結合して成り立っているのに対し、ペプチドは数個程度が結合することで成り立っている点に大きな違いがみられます。

 

つまりちょうどアミノ酸とたんぱく質の中間のような位置にあるわけです。

 

この特徴は美容、とくに目元を中心としたエイジングケアに大きなメリットをもたらします。たんぱく質に比べて構造がシンプルなため肌に浸透しやすく、スキンケア製品に配合された場合にも角質層の隅々にまで浸透しやすいメリットが得られます

 

しかもアミノ酸が結合されていることでアミノ酸単体よりも体内で効果を発揮し続ける持続時間に優れています。中間のような位置づけは両方のメリットを備えている面をもたらしているわけです。

 

そんなペプチドがエイジングケア、とくに目の下のたるみやくぼみの改善に注目されるようになっているのはこうしたメリットに加えて肌の老化を改善する働きも備えている点です。

 

とくにEGF・FGFという2つのグロースファクター(成長因子)はさまざまな目元美容液、アイクリームに配合される機会が増えています。

 

このグロースファクターもじつはペプチドの一種です。たとえばEGFは「ヒトオリゴペプチド-1」という名称もつけられています。EGFは表皮の細胞を、FGFは肌の奥の細胞をそれぞれ活性化させることでターンオーバーの活性化やハリの改善をもたらします

ペプチドは乾燥肌・敏感肌の人も安心して使える

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

加齢などの影響でターンオーバーが低下すれば乾燥やシミ、くすみなどの原因となるだけでなく肌のボリュームが失われることでシワにも影響を及ぼします。

 

また真皮層のコラーゲン、エラスチンが減少すると肌を支える力が損なわれるためハリの低下、さらにたるみ、くぼみの直接の原因となってしまいます

 

ペプチドが目の下のハたるみ対策用のスキンケア製品によく配合されている背景にはこうした優れた効能があるのです。

 

またアミノ酸から作られている成分ですから、肌への刺激も少なく、しかも浸透性に優れています。そのため刺激に敏感になっている乾燥肌・敏感肌にも安心して使用できるマイルドな面も魅力です。

 

肌が乾燥していると毛穴が硬くなり有効成分が浸透しにくくなりますが、そうした環境でもうまく補ってケアに役立てていける点も大きなメリットでしょう。目元は皮膚が薄くとくに乾燥とターンオーバーの低下が起こりやすいだけに日々のケアに積極的に役立てたい成分といえます。

効果を実感しやすいペプチド配合化粧品の選び方

ペプチドは別の名称で書かれている事が多い

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

ペプチド配合化粧品を選ぶ場合にはまずどんな種類のペプチドが配合されているのかを確認し、どのような効果が期待できるのかを知っておくことが大事です。

 

ペプチドとはひとつの成分のことではなく、アミノ酸が数個結合した形で成り立っている成分の総称、そのためこの構造を持ったさまざまな成分が存在しているのです。中には「これもペプチドなの?」と意外に思う成分もあります。

 

この点は化粧品選びを難しくしている部分でもあり、ペプチドを配合している化粧品が必ずしもその点をアピールしているとは限らないのです。

 

たとえば肌のターンオーバーの活性化で注目されているEGFもペプチドの一種(ヒトオリゴペプチド-1)ですが、この成分を配合している化粧品のほとんどはグロースファクター(成長因子)であることを強調しており、ペプチドの一種であることは紹介されていないことも多いのです。

 

それだけに「ペプチド配合」と書かれた化粧品だけをチェックしていると本当に自分に役立つペプチド配合化粧品を見つけらない恐れも出てきます。

 

今話題のグロースファクターではFGFやIGFといった成分もペプチドに分類されます。どの成分がペプチドなのか、そしてそれぞれにどんな効果・効能が期待できるのかを知っておきましょう。

ペプチドはターンオーバーの活性化効果がある

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

EGFはよく知られているように上皮細胞を活性化させることでターンオーバーを促す働きがあります。そのためシミや表皮ジワ、肌の老化全般にとくに効果が期待できます

 

こうした悩みを抱えている方、古くなった角質がなかなか排出されずにくすみや毛穴の詰まりを起こしかけている方はこのペプチドが配合されている製品がオススメです。

 

FGFは肌の奥にある繊維芽細胞を活性化させる働きがあります。この細胞ではコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分が作られているため、加齢によって含有量が減少したこれらの成分を補うのに役立ちます。

 

とくに深いしわやたるみの原因となる真皮層のコラーゲン、エラスチンの減少はスキンケアで直接補っても浸透しないのであまり効果が期待できません。それだけにこの成分で体内での生成を促すことが非常に重要なテーマとなってきます。

 

ほかにはEGFとFGFの働きをサポートし、ヒアルロン酸の生成にもかかわるIGF、表情ジワの改善に役立つアセチルヘキサペプチド-8、目のたるみに役立つアセチルテトラペプチド-5などもエイジングケアに役立つペプチドです。

 

こうした基本的な知識を踏まえたうえでペプチド配合製品を比較検討していきましょう。正しい知識を身につけておけばいくほど自分にあった製品を見つけやすくなるはずです。

目の下のたるみに効果的な化粧品成分-EGF・FGF

EGF・FGFは細胞活性化の効果がある

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

EGF・FGFはどちらもグロースファクター(成長因子)と呼ばれる成分です。

 

このグロースファクターはエイジングケアへの効果に優れているといわれており、老化や乾燥が進行しやすい目元の皮膚に活用することでたるみはもちろん、くすみやシミなどの対策にも役立ちます

 

このグロースファクターは細胞を活性化させる働きがあるため、肌のハリの低下によってたるんでしまった肌を改善できるほか、古くなった角質の蓄積によるくすみ、メラニン色素の蓄積によるシミの改善効果も期待できるのです。

 

どれも目元に起こりやすいトラブルですから、いかにグロースファクターが目元ケアに重要化がうかがえます。

 

ただこのEGFとFGFはどちらもグロースファクターですが、その効果・働きには若干の違いがあります。目の下のたるみの対策でもそれぞれの違いを知った上で配合された化粧品を選んでいく必要があります。

 

EGFは上皮細胞増殖因子という名称もつけられており、上皮、つまり表皮の細胞を増殖・活性化させる働きを備えています。そのためターンオーバーの活性化に役立つほか、くすみやシミの予防・改善、乾燥による表皮のカサつき、小じわ、ハリの低下などにも効果が期待できます。

 

ですから目の下のたるみを抱えている人の中でもとくに乾燥によるシワが気になる方、くすみやシワの対策も併せて行っていきたいという方に適しています。

FGFはコラーゲンを増やす働きがある

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

なお、体内に含まれているEGFは年々減少していくのですが、50歳の女性になるとピークの10分の1まで減ってしまうといいます。

 

しかも男性よりも女性のほうが減少のペースが速く、スキンケアで補うことが非常に大きな意味を持ってきます。

 

一方FGFは繊維芽細胞増殖因子とも呼ばれ、真皮層のコラーゲンを増やす働きを備えています

 

真皮層のコラーゲンは肌のハリを維持する重要な役割を担っている一方、減少して不足するとたるみの大きな原因となります。

 

ですから目の下のたるみがかなり進行してしまっている場合、目のくぼみや深いシワが気になる場合の対策に適しています。

 

このようにEGFとFGFとでは働きかける細胞に違いが見られます。目の下の肌がどんな状態でたるんでいるのか、ほかにどんなトラブルを抱えているのかでどちらを重視すべきかが違ってくるわけです。

 

逆に両方をうまく補っていくことができれば角質層から真皮層まで幅広くエイジングケアを行っていくも可能です。両方バランスよく補っていくもよし、どちらか一方をメインに補っていくもよし。またそれぞれの成分と相乗効果が得られる成分と併せて補っていけばますます目の下のたるみ効果に役立ってくれることでしょう。

効果を実感しやすいEGF・FGF配合化粧品の選び方

EGF・FGF配合化粧品選びでは一緒に配合されている成分も確認

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

EGF・FGF配合化粧品の目的はなんといってもターンオーバーとハリの改善です。EGFは上皮細胞、FGFは真皮細胞をそれぞれ活性化することで老化によって低下した肌に若々しさをもたらしてくれます

 

加齢の影響でシワやたるみといったトラブルを抱えている方にとっては非常に魅力的な成分です。

 

ただターンオーバーの活性化やハリの改善といった効果はなかなか実感するのが難しいものです。

 

せっかくEGF・FGF配合の化粧品を使用するならできるだけ実感しやすい、トラブルの改善に役立つものを選びたいものです。

 

最近ではEGF・FGF以外にもグロースファクター(成長因子)を配合する製品が増えており、とくにIGFへの注目が集まっています。この成分はEGF・FGFの働きを高める効果を備えているため、併せて配合することでこれまで以上にエイジングケア効果が期待できます。

 

現在のところこうした複数のグロースファクターを配合した化粧品は数が限られていますが、製品の内容を確認してみてはいかがでしょうか。

 

また他の成分と一緒に配合されているかどうかもポイントです。これはEGF・FGF配合の化粧品に何を求めるかによって選び方にも違いが出てきます。EGFの効果をメインにするかの、FGFをメインにするのか。それによって化粧品の効果にも違いが出てきます。

EGF・FGFは別々の化粧品で補ってもいい

目の下弛み化粧品口フラーレン効果

EGFは上皮細胞を活性化させることでターンオーバーを活性化させる働きがあります。

 

ですから同じ効果を持つプラセンタエキスと併せて配合することでシワやたるみ、さらにくすみやシミの改善効果を高めることができるでしょう。

 

一方FGFは真皮細胞を活性化させる働きがあるため、ビタミンC誘導体やレチノール、ナイアシン、フラーレンといった真皮層のコラーゲンとエラスチンを増やす働きを持つ成分と併せて配合すると肌のハリ、それがもたらすたるみや真皮シワ、毛穴の開きといったトラブルの改善に役立ちます。

 

ですから自分がEGF・FGF化粧品でどんなスキンケアを行っていきたいのか、どんな効果がほしいのかを確認したうえで併せて配合されている成分をチェックしていけばより効果を実感しやすい製品を選ぶことができるはずです。

 

あとはEGFもFGFもエイジングケア目的の成分ですから、コエンザイムQ10やアスタキサンチンといった抗酸化成分、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分ともうまく組み合わせながら活用していく必要があります。

 

これらの成分が一緒に配合されているかどうかにこだわるのではなく、EGFとFGFを美容液で補ったのなら保湿成分はクリームで補うといったスキンケア全体の組み合わせも意識して広い視野でこの2つの成分のメリットを活かせる環境づくりを検討してみましょう。そうすることでますます化粧品のメリットを引き出すこともできるはずです。

目の下のたるみに効果的な化粧品成分-セラミド

ちりめんジワの改善効果がある

目の下のたるみ化粧品対セラミド

目元のたるみに効く成分として急速に広まり、すっかりと定番となったものがセラミドです。

 

目元のたるみに効く成分にはいろいろなものがあります。中には本当に効果があるのかと眉をしかめてしまうようなものもたくさんありますが、スキンケアにおいては保湿成分が何より大切です。

 

そしてその保湿成分に最も優れている成分はというと細胞間脂質であり、セラミドコラーゲンエラスチンなどということになります。

 

皮膚の構造で皮膚本来の柔らかさやツヤやキメを細かくしているのは細胞間脂質の働きによるものです。

 

細胞間脂質はもちろん目元のたるみなども改善します。じっくりと細胞間脂質で潤いを与えてあげることで目元の血行がよくなりこわばっていた皮膚が柔らかくなります

 

またセラミド、コラーゲン、エラスチンなどの保湿成分には比較的浅いシワの集合である「ちりめんじわ」の改善にも効果があります。

セラミドはバリア機能とも大きく関わっている

目の下のたるみ化粧品対セラミド

皮膚はいろいろな性質を持つ組織が層を成す構造をしています。そのうち一番外側にある皮膚が保湿においては最も重要な層です。

 

この部分に効いてくれるのがセラミドやコラーゲン、エラスチンなどといった成分なのです。

 

セラミドなどの細胞間脂質はまた外側からやってくるばい菌などをやっつけてくれるバリア機能の面から見ても最も重要なものの1つです。

 

このバリア機能にはそとからの侵入を防ぐとともに、内側の水分などが外へ逃げてしまわないようにする働きもあります。

 

セラミドやコラーゲン、エラスチンなどの細胞間脂質は本来若い頃は自分の体内で製造される分で充分足りていますが、20代を越えたあたりから急速に分泌が低下してしまいます。

 

そのままにしておくと乾燥が進み、シワやシミ、また目元のたるみなどの原因になりますので、外から補ってあげることが必要になってくるのです。

 

このようなセラミド、コラーゲン、エラスチンなどを多く配合している目元のたるみに効く成分を多く使用している化粧品はどうしても高価なものが多いのですが、使用する範囲は狭い範囲に限られるので自分に合ったものを1本購入すると意外と長い期間使用できます

目の下のたるみに効果的な化粧品成分-ビタミンC誘導体

ビタミンCは小分けに取る方が効果的

目の下のたるみ化粧品対ビタミンC

目元のたるみに効く成分としてビタミンC誘導体もまたなくてはならない重要なものです。

 

目元のたるみに効く成分としてはビタミンがあります。それもビタミンCの効果は欠かせません。

 

ふだんからお肌の手入れに敏感な人なら食事やサプリメントの形でビタミンCの摂取を欠かさないことでしょう。またビタミンCは化粧品の中にも含まれて外からも摂取されています。

 

しかしビタミンCの弱点は体内に食品や飲料として取り入れても、身体の中にとどまっている時間が非常に短く、おしっこや汗とともにどんどんなくなっていくということです。

 

そのためビタミンCは一度にたくさんとるよりも、朝昼晩というふうに小分けにしてとる方がよいとされています。またビタミンCの持つ大きな弱点として、外から化粧品などとして摂取する際にはなかなか摂取され浸透される分量が少ないということです。

 

また細胞間脂質のコラーゲンを合成するためにもビタミンCはとても重要な働きをします。そこでビタミンCをより効果的に吸収するためにビタミンC誘導体が用いられます。

ビタミンCには老化予防効果がある

目の下のたるみ化粧品対ビタミンC

ビタミンC誘導体は目元のたるみに効くのはもちろんのことですが他にも美白作用皮脂分泌をコントロールしてくれるという大切な働きがあります。また比較的若い人にも多い毛穴対策においても効果があるとされています。

 

ちなみにコラーゲンサプリなどを服用する際にはビタミンCをいっしょに摂取することで効果がアップするとされています。

 

つまりサプリメントでも化粧品でも肌の内側と外側から同じようなことをしているということになります。

 

ビタミンCは以前から老化を防ぐ切り札とされてきました。これが最近の、目元のたるみに効く化粧品へとつながっているわけです。

 

ビタミンCにはひじょうに強い抗酸化作用があるのです。

 

そのためダイエットなどを行なっている人でもビタミンCや抗酸化作用のある食品などは不足しないように注意することが大切です。抗酸化作用が強い食品のチャートなどもサイトでよく見かけますので参考にするとよいでしょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!