原因が違えば対策も違う?目の下のたるみの原因

目の下のたるみの原因‐老化

目元は顔の中でも老化が進みやすい

目の下弛み化粧品口コミ原因

目の下のたるみの最大の原因はやはりなんと言っても老化です。しかも目元の皮膚は老化が進みやすいうえにたるみやすい面があるため、早い段階からエイジングケアをはじめて予防に努めることが求められます

 

老化は年齢を重ねることで進んでいくものですが、環境によっても老化が進むペースや肌への影響が違ってきます。とくに注意したいのが紫外線です。

 

紫外線そのものが目の下のたるみの大きな原因となるわけですが、そのダメージで肌に活性酸素が増加することで老化を進行させてしまう面もあるのです。

 

ただでさえ目元は皮膚が薄くダメージを受けやすいうえに紫外線を浴びやすい環境にあります。十分な紫外線対策を行わずにいるとそのダメージでどんどん老化が進んでしまうわけです。

 

この点には乾燥によるバリア機能の低下も深くかかわっています。皮膚が薄くセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が少ない目元はもともと乾燥しやすい環境にあります

 

さらに皮脂の分泌量も少ないので皮脂膜も形成されにくく、バリア機能がどうしても弱くなってしまうのです。この点は紫外線のダメージを増やしてしまうだけでなく、次の挙げるスキンケアの影響にもかかわってきます。

間違えたスキンケアが老化を進めている可能性もある

目の下弛み化粧品口コミ原因

毎日行っているスキンケアがじつは老化の原因になってしまっているケースもあります。

 

敏感な目元の皮膚に合わない刺激の強い製品を使っているとその負担で老化が進んでしまうこともあるのです。とくに要注意なのがクレンジングと洗顔。

 

クレンジングの場合はアイメイクとも深いかかわってきます。メイクが濃いとその分洗浄力と刺激の強いクレンジング剤を使わなければならないからです。

 

目の下のたるみが気になるのでそれをカバーするためにアイメイクをしっかり行った結果肌へのダメージが蓄積してますます老化が進んでしまう…そんな悪循環に陥らないように気をつけましょう。

 

こうした原因を踏まえつつ、それを解消していけるような対策を心がけましょう。まずは保湿対策。30歳前後からセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少していくのでうまく補います

 

目元の皮膚は有効成分が浸透しにくい部分もあるのでナノ化の技術や特殊なカプセルなど浸透性にこだわった製品を使いましょう。

 

また先に触れたように皮脂が少ないために表面が乾燥しやすい状況になっているのでアイクリームで適度な油分も補いましょう。あとは紫外線対策と肌に合ったマイルドなスキンケア製品を使ったケア心がける、この2点も心がけておきたいところです。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

目の下のたるみの原因‐紫外線

紫外線はたるみ以外の肌トラブルも引き起こす

目の下弛み化粧品口コミ原因

紫外線はもっとも注意が必要な目の下のたるみの原因です。何しろ紫外線を浴びないで生きていくことはできない以上、適切な対策を行っていかないと知らず知らずのうちに肌のたるみが進んでいきかねないのです。

 

たるみだけの問題ではなく、紫外線はあらゆる肌トラブルの元凶、美肌の大敵といってよいでしょう。

 

どうして紫外線がそれほど厄介な存在なのか?それには紫外線がもたらす肌への影響とそれに対して肌の反応が深くかかわっています。

 

地上に降り注ぐ紫外線にはUVAとUVBという2種類があります。UVAは威力こそUVBに比べて弱いものの、ジワジワと肌の奥、真皮にまで達することで肌にダメージを与えます

 

活性酸素を増やす原因となるだけでなく、真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンに損傷をもたらすことでハリの低下をも引き起こします

 

ですから目の下のたるみやシワの直接の原因ともなるのです。一方UVBは強い威力で表皮にダメージを与えることで日焼けや火傷、シミの大きな原因となります。

 

ですから目の下のたるみの観点からすればUVAを防ぐケアが求められるわけですが、UVBのダメージも老化やバリア機能の低下といったたるみ、シワとかかわる問題を引き起こす以上無視できません。

 

こうした紫外線の脅威に対して肌はまったくの無防備というわけではなく、肌を保護するための反応が見られます。

紫外線ケアではバリア機能の改善も大切

目の下弛み化粧品口コミ原因

細胞を保護するために活性酸素やメラニン色素が生成されるのです

 

これらは適度な範囲内で生成されていれば紫外線の脅威から細胞を守る働きを持つのですが、過剰になってしまうとかえって逆効果、とくに活性酸素は細胞を老化させることでシワ、たるみの原因になってしまいます

 

この紫外線のダメージに対する過剰な活性酸素の増加こそ、目の下のたるみの最大の問題でもあるわけです。

 

ですから対策では日焼け止めで紫外線をしっかりと防ぐ環境づくりが欠かせないわけですが、もうひとつ保湿によるバリア機能の改善も重要です。

 

バリア機能が低下して刺激に敏感な状態になっていればその分紫外線のダメージを受けやすくなりますし、さらに日焼け止めそのものも肌の負担になってしまいます。

 

基本的にUVカット効果に優れた日焼け止めほど肌への負担が大きくなりますから、保湿対策を行いバリア機能の改善を目指しながら肌に合った日焼け止めで紫外線対策を行っていくことが求められます。

 

そのためにも帽子や日傘など肌に影響を及ぼさない方法で紫外線をカットする対策も重要です。とくに目元は紫外線を浴びやすい部分ですから、目の下に陰を作れるような帽子、日傘、あるいはサングラスなどが役立ちます。

目の下のたるみの原因-むくみ

むくみによる目の下のたるみの原因の1つは脂肪のふくらみ

目の下のたるみ化粧品原因むくみ

目元のむくみの原因の中でももっとも対策が難しいのがむくみによるたるみです。老化によって生じるたるみではなく、皮膚が膨らんだうえでたるみが生じるのです。

 

とくにまぶたによく見られる症状でまぶたが覆われて視界が狭くなる、疲れたような印象を与えてしまうといった問題点が生じます。

 

さらに目の下にむくみができると影ができてクマのように見られてしまうこともあります

 

このむくみによるたるみにはいくつかのタイプがあります。もっとも厄介なのは眼窩脂肪と呼ばれる皮下脂肪の一種が膨らんで飛び出すケース。

 

上下のまぶた両方に見られるもので、加齢が大きな原因です。早い人では20代後半から見られることも多く、一般的にも40代になると急速に進行していくケースが目立ちます。

 

この眼窩脂肪の対策方法としては脂肪を支える眼輪筋という筋肉を鍛えること。この筋肉は眼球をグルグル回すといった表情筋トレーニングで強化することができます。

PCやスマホの使いすぎも目のむくみを引き起こす

目の下のたるみ化粧品原因むくみ

一方、パソコンやスマートフォンを長時間使用するといった眼輪筋に負荷をかける習慣を改めることも重要です。筋肉に継続的な負荷がかかるとうまく機能しなくなり、脂肪を支えられなくなってしまうのです。

 

そのため表情筋トレーニングと合わせて眼の緊張をほぐすマッサージやツボなどもうまく取り入れていくとよいでしょう。

 

もうひとつ、血行不良によるむくみも日々の生活の中で対策を行っていきましょう。眼窩脂肪に比べて改善しやすい一方、生活習慣と深く関わっているため、幅広いアプローチでケアしていくことが大事です。

 

直接的な方法としてはリンパマッサージがオススメです。血行とともにリンパの流れも活性化させることでむくみの原因となっている余分な水分や老廃物の排出を促すことができます。目の周囲からリンパ節がある耳の後ろへと血液を流していくような感覚でマッサージしていくとよいでしょう。

 

あとは血液をドロドロにするような脂肪分・糖分が多い食生活の改善、適度な運動、ストレス・疲労の解消といった生活習慣の改善を組み合わせていけばむくみによる対策に効果が得られるはずです。むくみの原因を確認したうえで自分に適した方法を探してみましょう。

 

目の下のたるみの原因-生活習慣

PCやスマホは目元の筋肉の負担になる

目の下のたるみ化粧品原因生活習慣

生活習慣が目の下のたるみの原因となっているケースもあります。ケア不足とは異なり自覚しないままたるみを進行させてしまうことも多く注意が必要です。

 

現代社会によく見られる生活習慣がもたらす原因の筆頭がPCとスマホです。デスクワークはもちろん、プライベートでも長時間PCとパソコンを使用する機会が多い方も多いはずです。

 

仕事の合間、あるいは電車での移動中はひたすらスマホを操作している方も。PCやスマホの画面を見つめている間は瞬きの回数が極端に減少するため、目元周辺の筋肉に大きな負担をかけます。

 

その結果皮膚を支える力が衰え、たるみの原因となってしまうことが多いのです。またスマホの場合はうつむき加減の姿勢で使用するため、老化によって肌を支えられなくなった状態をさらに悪化させ、重力の影響で下へとたるませてしまう原因にもなります。

 

できるだけ長時間の連続使用を避けること、使用中には適度に休憩を挟んだり、意識して瞬きを行うといった対策を心がけましょう。

糖分や脂質の摂りすぎによる血行不良のたるみの原因になる

目の下のたるみ化粧品原因生活習慣

それから食生活。栄養バランスが偏った食事は健康な肌づくりの障害になるほか、血行不良の原因ともなります。とくに高たんぱくや糖分・脂分の摂りすぎは血液をドロドロにして血行不良の原因となります

 

血行が悪化すると肌に十分な栄養と酸素が行き渡らなくなるため、ターンオーバーの乱れの原因となります。

 

睡眠環境の乱れにも気をつけましょう。睡眠中はもっともターンオーバーが活発になる時間帯。しっかりと睡眠を取れていないと肌の老化が進んでしまいます。

 

さらに睡眠不足による疲労の蓄積は上述した血行不良の原因にもなるほか、ホルモンバランスの乱れなど肌の老化とも関わる問題を引き起こす恐れがあります。

 

そして最後に喫煙。ニコチンは体内のビタミンCを大量に消費します。その結果体の老化をもたらす活性酸素の働きが活性化し、肌のたるみやシワなどができやすくなってしまいます。いくら抗酸化成分でエイジングケアを行っても喫煙の習慣があると期待する効果が得られない点も要注意です。

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!