目の紫外線対策はあるの?

目元は紫外線対策が重要とよく言われますが、目の周囲の皮膚だけでなく目そのものも紫外線から守る必要性も指摘されるようになっています。日ごろ意識することは少ないですが、目も紫外線を浴びている以上、その影響を受けないわけにはいかないからです。

目に紫外線ダメージが蓄積すると視力低下や白濁などが起きる

プロテオグリカン美容液おすすめ

美容と直接かかわる問題ではないこともあってこれまでこの問題に注目が集まる機会は限られていました。しかし紫外線を浴びすぎると角膜や結膜にダメージが生じ、それが蓄積すると視力の低下などのトラブルの原因を作ってしまいます

 

日差しの強い火に長時間外出したり、海面や雪面など日差しの照り返しが強い場所をずっと見ていると目が赤くなったり痛みを感じることがありますが、これも紫外線のダメージによる炎症が原因です。

 

とくに厄介なのは水晶体へのダメージです。目のピントを合わせる働きを持つこの水晶体は肌のように新陳代謝を行わないため、紫外線のダメージを受けても肌のように時間の経過とともに修復されていくということがありません。

 

そのためダメージが蓄積されていくとやがて白濁をはじめて最終的には白内障になってしまうこともあるのです。

 

ですから夏場などは目の周り皮膚だけでなく目の紫外線対策もしっかりと行っていく必要があります。いっても眼球に日焼け止めを塗るわけはにいきませんから、日差しをさえぎるための対策がポイントとなります。

目の紫外線ケアには帽子やサングラスの他に内側からのケアも効果的

プロテオグリカン美容液おすすめ

サングラス、サンバイザー、帽子、日傘などのグッズをうまく利用する。日常生活で使用する場合と、レジャーなど長時間日差しを浴びる特別な機会に使用する場合でそれぞれグッズを用意しておくとよいでしょう。

 

夏場のレジャーではUVカット効果に優れたサングラスなどが有効です。また目薬や適度な目を冷やして炎症を防ぐといった対策も有効です。

 

こうした直接日差しを遮る方法に加えて体の内面から行っていけるケアも積極的に取り入れていきましょう。紫外線がもたらす活性酸素やダメージを防ぎ、修復するのに役立つ成分もあります。

 

緑黄色野菜に含まれ、水晶体に含まれているルテイン、活性酸素を抑制する働きを持つビタミンEやビタミンC、とくに近年ではカニやエビに含まれているアスタキサンチンが目の紫外線対策によいと注目されています。

 

ほかにも抵抗力を高めるビタミンB群、各種ミネラルなどもうまく摂取していきましょう。こうした体の内と外両方のケアを行っていくことで紫外線による目のダメージを防ぐことができます。視力の低下や疲れ目、ドライアイは眉をひそめたり、目を細くして見る機会を増やすことでシワの原因にもなるので美容の観点からも注意しておきたい部分です。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!