涙袋をふっくらさせる方法とは?

目の下にぷっくりと膨らんだ部分を涙袋といいます。「ホルモンタンク」などとも呼ばれることもあり、これがあると目が大きく見え、印象的になるためあるかないかが魅力的な目元を目指すうえで非常に重要なポイントとも言われています。涙袋があるとかわいらしい印象になるだけでなく、立体的に見せることもできます。

涙袋は眼輪筋という筋肉を鍛えることでふっくらさせることができる

プロテオグリカン美容液おすすめ

では涙袋が目立たない、ない人は作ることができるのでしょうか?どうしても目元が平坦で目が小さく見えてしまうという方は涙袋を作ることでそうした悩みを改善していくことができるのでしょうか?

 

すぐに効果が実感できるわけではありませんが、涙袋をふっくらとさせる方法もあります。そもそもこの涙袋は目の周りにある眼輪筋という筋肉が発達しているほどふっくらしていると考えられています。

 

筋肉が収縮するとこの部分が盛り上がるため、筋肉を鍛えれば涙袋をふっくらとさせられることになります。眼筋筋トレーニングは目のむくみや疲労の改善にも役立つので総合的な目元ケアにも役立つでしょう。

 

簡単な方法ではおでこを抑えたうえで目を大きく見開く、10秒ほどキープした後に今度は思いっきり閉じるやり方があります。目を開くときには無意識におでこの筋肉を使ってしまうことが多いのでおでこを押さえ、眼輪筋だけで動かすよう心がけて行っていきましょう。

 

ほかには人差し指と中指をそれぞれ目じりと目頭に当てて抑えた状態で眼球を上へと動かし、その後眼を下に動かすやり方もあります。こちらは下まぶたを意識して動かすと効果的です。

涙袋を作るためのアイテムもあるが皮膚にダメージを与えないように使うことが注意

プロテオグリカン美容液おすすめ

もっとも簡単な方法では左右交互にウインクを繰り返すだけ、というのもあります。

 

一日左右100回ずつウインクすれば効果が得られるとも言われているので、ちょっと時間が空いたときにでも方法から試してみてはいかがでしょうか。

 

涙袋を作るためのテープも発売されています。理屈は二重まぶたを作るテープと同じで、涙袋をふっくらさせた状態でテープを張って固定させ、クセを作るというものです。そのため二重まぶた用のテープでも代用が可能です。

 

テープを貼るだけで効果が得られるなら非常に魅力的な方法ですが、目の下は皮膚が薄いのでテープをはがすときにダメージを与えないよう注意が必要です。

 

これらの方法はいずれも涙袋をふっくらさせるのにそれなりの効果が期待できますが、短期間ですぐにできるというわけではもちろんありません。あまりやりすぎて目元に負担をかけないよう気をつけつつ、地道にコツコツと行っていくのが一番でしょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!