疲れ目の正しいケア方法とは?

現代人は疲れ目の悩みを抱えやすいといわれています。インターネットの普及もあって長時間のデスクワークやゲーム、SNSなどの利用で一日中モニター画面と向きあって過ごす環境も珍しくなくなっているからです。疲れ目が加速すると眼精疲労になり、慢性化してしまった結果首や肩のコリ、頭痛などの症状を抱えてしまう恐れもあります。

疲れ目をケアする手軽な方法として目薬や温冷タオルの使用がある

プロテオグリカン美容液おすすめ

それだけに蓄積・慢性化する前に適切な目の疲れをケアしていく環境づくりが求められます。

 

疲れ目の正しいケア方法の中でももっともお手軽なのが目薬の使用です。デスクワークを行っている方にとっては必需品といってもよい目薬ですが、ビタミン、ミネラルを補うことで目の疲労やドライアイを防ぐことができます。目薬にもいろいろな種類がありますから、まず自分に合ったものを探してみましょう。

 

手軽で効果的な方法といえばもうひとつ、温めたタオルと冷やしたタオルの使用もお勧めです。温めたタオルで血管を拡張させ、冷やしたタオルで収縮させるを繰り返すことで目の周辺の血行を促し、緊張した筋肉をリラックスさせつつ疲労物質の排出を促すことができます。

 

温めたタオルはお湯で濡らして絞ったものでもよいですが、水で濡らした状態で電子レンジで温めた蒸しタオルもお勧めです。就寝前に行うことで睡眠環境の改善にも役立ちますし、目のむくみの予防・解消にも使えるので美容の観点からもぜひとも取り入れたい方法です。

 

マッサージやツボもうまく取り入れてみましょう。即効性では上記の2つには劣りますが、外出中や仕事の合間などちょっとした空き時間にできるのが魅力です。

疲れ目にはマッサージやツボ押しも効果的だが最も基本的なことは瞬きをすること

プロテオグリカン美容液おすすめ

マッサージは目の周辺だけでなく、頭の後ろ(「風池」と呼ばれるツボがある部分)も有効なほか、肩こりや頭痛を抱えている方は肩、首のマッサージも取り入れてみましょう

 

疲れ目は肩から上全体の血行の悪化をもたらしてしまっていることが多く、目の周辺だけでなく広い範囲でのケアも必要になることがあります。

 

疲れ目によいツボでは先ほど触れた後頭部、頭と首をつなぐ骨の両脇にあるすこしくぼんだ部分のツボ「風池」がまずお勧めです。目の周辺では目じりにある「太陽」、目頭のくぼみにある「晴明」などがあります。あまり強く刺激せずに心地よい範囲で刺激してみましょう。

 

こうした方法に加えてもうひとつ、基本中の基本といえるのが「瞬きをする」ことです。パソコンやスマホのモニター画面を見つけていると瞬きの回数が極端に減少し、涙の分泌量が減ることでドライアイの原因を作ってしまいます

 

じつはこれが疲れ目の最大の原因になっていることも多く、目薬でドライアイ対策を行うとともにできるだけ瞬きの機会を作る意識も求められます。加えて視点を長時間固定せず、適度に眼球を動かして筋肉の緊張をほぐす対策も取り入れてみましょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!