まぶたの脂肪を落とす方法とは?

まぶたの脂肪が厚いとはれぼったくなり、眠たそうな印象になったり、パッチリとした印象的な目元を演出する際の妨げになってしまいます。ただむくみとは違い脂肪を落とすのはそう簡単ではありません。お腹やふとももの脂肪を落とすだけでもひと苦労だというのに運動で燃焼させるのがむずかしいまぶたともなるとなかなか思うように行かない面もあります。

まぶたの脂肪を落とすには目の周りの眼輪筋を鍛える

目の下たるみ化粧品

ただまったく方法がないというわけではありません。まず周囲の筋肉を鍛える方法があります。体のほかのパーツと同じように筋肉を鍛えて脂肪を落とすというわけですが、鍛える筋肉は目の周りにある眼輪筋という部分です。

 

この筋肉は眼精疲労とも深くかかわってくるので鍛えることで眼のリラックス効果や血行不良の改善にも役立ちます。

 

具体的な方法としては眼球を上下に動かすものがもっとも簡単で、次に挙げる方法とも共通していますが、おでこにシワをつくらないよう押さえながら行うのがコツです。ちょっと慣れるまで難しいですが、眼球だけでなくまぶたにも力をこめながら目を上下に動かしてみましょう。

 

それから「おでこロック」という方法もまぶたの脂肪を落とす方法として知られています。こちらは眼球ではなくまぶたを動かすことで脂肪を落とす方法です。

 

同じようにおでこにシワができないよう手で押さえたうえで目を細める動きと大きく見開く動きを繰り返します。あくまで動かすのはまぶたであって、目を開いたり細めたりするときにおでこの筋肉を使わないよう心がけて行っていきましょう。

代謝をたかめる食品を摂ることでまぶたの脂肪が落ちるサポートをしてくれる

目の下たるみ化粧品

リンパの流れを改善することで目の周りの老廃物の排出を促すマッサージも有効です。老廃物が蓄積しているとむくみだけでなく脂肪もつきやすくなるので予防の意味でも効果が期待できます。

 

こめかみの部分と目じりの外側にあるくぼみ部分をマッサージするがポイント、そのうえで目の周りを軽く円を描くようになぞってマッサージしていきます。

 

あとは食生活の改善。ビタミンB群やL-カルニチンが含まれている食事はエネルギー代謝を高める働きがあるので脂肪を落とすのによいといわれています。カロリーが控えめな赤身の肉や抗酸化成分のビタミンEも豊富なアーモンドなどがお勧めです。

 

短期間でまぶたの脂肪を落とすのは簡単ではありませんが、こうした対策をコツコツと地道に続けていくことで改善を目指していくとよいでしょう。注意したいのはくれぐれも成果をあせってやりすぎないこと

 

とくにマッサージやエクササイズはやりすぎると薄いまぶたの皮膚に負担をかけてしまうのであくまで正しい方法と頻度で行っていくことが前提です。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!