目の周りの乾燥を防ぐには?

目の周りは皮膚が薄いので乾燥しやすい環境にあります。それが原因でシワやしみ、たるみといったトラブルが起こりやすいので日ごろのスキンケアでは保湿をいかにうまく行っていけるかが重要なポイントとなります。

目の周りの乾燥を防ぐ一番のポイントは紫外線対策

目の下たるみ化粧品

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線などのダメージを受けやすくなることから活性酸素が増加します。すると皮膚がどんどん酸化していき老化が進んでしまうのです。その意味ではエイジングケアにおいても乾燥対策が欠かせないともいえます。

 

こうした事情からまず目の周りの乾燥を防ぐためには紫外線対策が欠かせません。どうしても紫外線を浴びやすい部分ですから、日ごろからしっかりと対策を行っておかないとどんどんダメージが蓄積し保湿力が低下してしまいます。

 

問題なのは日焼け止めのダメージで肌に影響を及ぼしてしまうリスクもあることです。紫外線を浴びやすいので日焼け止めをしっかり使う必要がある一方、皮膚が薄いので日焼け止めそのものの刺激でダメージを受けてしまう恐れもあります。

 

ですから日差しの強さや季節、外出する時間などを考慮したうえでつねに適切な日焼け止めをうまく使い分けることが大事です。

 

またサングラスや帽子、日傘といった直接日差しをさえぎることができるグッズも活用しましょう。これは目の周りだけでなく目に直接紫外線のダメージが蓄積するのを防ぐ上でも大事な意味を持ちます。

 

そのうえでスキンケアで保湿を行っていくわけですが、皮膚が薄く、しかも乾燥しやすいので有効成分がなかなか浸透しない点に注意してケアしていくよう心がけましょう。

クレンジングや洗顔環境によっても目の周りが乾燥することがある

目の下たるみ化粧品

補っても角質層にしっかりと浸透しない、また水分を抱え込む能力が低下しているのですぐに蒸発して失われてしまうといったリスクも抱えがちです。

 

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を補う際には分子量を小さくする技術や有効成分をカプセルに閉じ込めて浸透させるといった処方といった特別な工夫が行われているスキンケア製品を選ぶとよいでしょう。

 

もうひとつ洗顔とクレンジング環境にも注意した方がよいでしょう。一生懸命クレンジングと洗顔で汚れを落とした結果肌の保湿に必要な皮脂やセラミドまで洗い流していまい、それが乾燥に結びついてしまっている可能性もあるのです。

 

皮脂が不足して皮脂膜がきちんと形成されなくなるとバリア機能が低下するほか、先ほど触れた補った水分と有効成分が蒸発しやすい環境へと導いてしまいます。目元の敏感な皮膚に過剰な負担をかけるようなクレンジングと洗顔にはくれぐれも注意したいところです
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!