目の下のクマを取るには?

目の下のクマといえば寝不足や疲労の蓄積が原因でできるとよく言われます。たしかにそれも大きな原因なのですが、ある程度の年齢、40代を過ぎる頃からはそれ以外の原因でできるケースが増えてくるため、予防・改善ともにクマをもたらしている状況を性格に把握しておくことが大事です。

青熊は血行不良が原因なので睡眠をしっかりととる

目の下たるみ化粧品

目の下のクマには大きく分けて3つの種類があります。まず青グマ。

 

これが疲労や寝不足によって引き起こされることが多いタイプで、皮下の血行不良が原因です。血液の流れが滞ることでうっ血状態を起こしたり、ヘモグロビンが減少して血の赤みが失われていったりすると薄い目元の皮膚を透かす形で青黒いクマができるのです。

 

ですから取るには血行の改善が第一、マッサージやツボ押しといった対策も有効ですが、まず何よりも睡眠をしっかりとって疲労を蓄積させない生活習慣を心がけましょう。

 

また入浴の際には湯船にゆっくりつかって全身の血流をアップさせましょう。その際にマッサージをするのもお勧めです。また現代の女性は体を冷やしやすい点と鉄分不足も血行不良の大きな原因となっているので注意が必要です。

 

あとは血液をドロドロにしてしまう脂肪分の多い食事を控えることなども重要な点です。

 

2つ目は黒グマと呼ばれるタイプ、これは40代以上にできることが多いクマで老化が深くかかわっています。目元が老化すると皮膚がたるむ、脂肪が飛び出してくるといった事情から目の周辺に凹凸ができやすくなり、その部分が陰になって肌が黒く見えてしまうのです。

茶クマはメラニン色素が原因なので美白化粧品を取り入れる

目の下たるみ化粧品

同じ年齢でも老化が急に進行している方やもともと骨格の問題などでできやすい人とできにくい人で個人差が見られるのが特徴です。

 

肌のたるみが原因としてかかわっているので改善が非常に難しく、ビタミンC誘導体やコエンザイムQ10といった肌の老化を防ぐ抗酸化成分、レチノール、ナイアシンといったコラーゲンの生成を促してハリの改善に役立つ成分などでスキンケアを行っていく方法などが取る方法として挙げられます。日々のスキンケアの中で地道に取り組んでいくことが求められるでしょう。

 

もうひとつは茶グマと呼ばれるもので、シミやくすみと同じくメラニン色素の沈着が原因で起こります。

 

目の下の皮膚は薄い上に紫外線を浴びやすく、メラニン色素が沈着しやすいのです。これを改善するためには美白化粧品を使用するのが一番ですが、それだけでは儒分に消すのは難しいことが多く、ターンオーバーの活性化やピーリング化粧品などをうまく使いながら沈着を起こした角質の排出を促す対策などもうまく取り入れていきましょう。

 

もちろん、日焼け対策も欠かせません。年齢肌でバリア機能が低下している場合は保湿対策でメラニン色素が増加しにくい肌作りも意識して行っていきたいところです。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!