まぶたのたるみはどうして起きるのでしょうか?対策方法とは?

目元のたるみと並んで老化がもたらす厄介な悩みがまぶたのたるみです。老けた印象をもたれてしまうだけでなく、たるみによって視界が狭くなったり、顔そのものの印象が変わってしまうなど大きな影響が生じます。

まぶたのたるみは老化により目の周りの筋肉が衰え支えきれなくなってしまうため

目元ケアQ&A

このまぶたのたるみは老化による皮膚と筋肉のゆるみが大きな原因です。年齢を重ねて老化が進行していくと皮膚のハリが失われていきますが、その結果まぶたが目を覆いかぶさるような形で垂れ下がっていくのです。

 

さらに目元とは異なり、まぶたの皮膚は睡眠中以外は筋肉によって支えられています。眼輪筋をはじめとするまぶたを支える目の周りの筋肉もやはり老化が進行していくにつれて衰えていき、まぶたを支えきれなくなることでたるみの原因を作っていくのです。

 

こうした原因は老化が深く関わっている以上どうしても避けられないものですが、他にも生活習慣と深く関わる原因が潜んでいる場合もあります。とくに現代人に増えているのが瞬きや表情を作る機会の減少。これは表情筋の衰えによるしわの増加とも関わってくるのですが、皮膚を支える筋肉を使う機会が減少することで衰えが加速していくのが原因です。

 

腕や足ではすぐに実感できますが筋肉は使わないとどんどん衰えていきます。その点は目元の筋肉や表情筋も同様で、使い機会が少ないうえに老化が加わることで皮膚を支える力が急速に低下し、たるみ、シワなどのトラブルをもたらしてしまうわけです。

目の筋肉を硬直させないようにし老化対策をすることがまぶたのたるみケア

目元ケアQ&A

目の周りの筋肉は瞬きや表情を作った際に使われます。しかしスマホやパソコン、ゲームの影響で現代人は瞬きをする機会が減っているといわれています。長時間スマホを続けた結果瞬きの回数が減少してドライアイの状態に陥ってしまった経験がある方も多いでしょう。

 

またスマホやパソコン画面と長時間向き合っている生活を送っていると無表情で過ごす時間が長くなり、表情を作る機会が失われていきます。現代社会は人と人のつながりが希薄化しているといわれているのも表情を作る機会が少なくなっている要因のひとつです。

 

ですからケアの際にはスキンケアで老化対策を行うこと、そのうえで長時間のパソコン、スマホはなるべく避けながら目の負担を減らし、筋肉を硬直させることなく使う機会を増やすことです。そのためにもスキンケアに限らず生活環境全般の見直しが必要になるでしょう。
目の下のたるみに使ってみたい化粧品口コミ人気ランキング>>

コスメルジュ編集部が実際に使って選んだアイケア化粧品

アドバンストリジュビネーションクリームEx

ミューノアージュクリーム

目元のたるみをピン!と引き締める!EGF配合の低刺激ドクターズコスメ
たっぷり10日分4000円相当が今なら 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

B.A ザ アイクリーム

B.A ザ アイクリーム

目元の全ての悩みに!エイジングケアの最高峰ブランドB.Aの高級アイクリーム
21,600円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラ セラム

たるみを始めあらゆる目元の悩みに!高品質・低価格で人気のアテニアの目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!